熱に弱く、変形する恐れがある

高温の環境下にメガネを晒さないようにしよう

メガネの意外なデメリットとして、熱に弱いという点が挙げられます。眼鏡店で購入することができる商品の多くは、レンズがプラスチックでできています。実は、プラスチックレンズは耐熱温度が60度前後となっていて、熱にあまり強くありません。耐熱温度を超えている場所に長時間晒すとレンズが膨張し、表面のコーティングにシワやひび割れが発生してしまい、レンズごと新品に交換しなければならなくなります。

一方、フレームについても、使用されている素材によっては高温の環境下で変形してしまう可能性があります。超弾性素材が用いられていて変形に強い形状記憶フレームのメガネであっても、高温域では弾性が少なくなって、通常の金属と同じように変形しても元に戻しにくくなります。浴室やサウナ室の中にメガネを着用したまま入ったり、夏の自動車の車内にメガネを放置したりしないようにしましょう。

高温の環境を避けられない場合は熱に強いメガネを手に入れよう

工場で勤務をする場合のように、仕事上の理由などで高温の環境に身を置くことが避けられない場合は、熱に強いレンズやフレームが採用されているメガネを1点用意しておくと良いです。レンズについては、耐熱コーティングが施されたものかガラス製のものを選びましょう。耐熱コーティングがあるレンズだと100度から130度程度の熱であれば変形やひび割れが起きる可能性がほとんどなく、ガラス製のレンズだと300度前後の高熱にも耐えることができます。フレームについてもポリカーボネートをはじめとして、耐熱性が高い素材を採用した製品が多数販売されています。熱に強いレンズとフレームを上手に組み合わせれば、高温の環境でも着用しやすいメガネを手に入れることができるでしょう。

コンタクトレンズと比べて、ラクに装着できる、手入れがカンタン、衛生的、このようなところが、めがねの良さです。