目の疾病があっても掛けられる

コンタクトレンズは疾病があるとつけられない

見た目の雰囲気を変えずに視力矯正をする場合にはコンタクトレンズを利用することになりますが、ただコンタクトレンズを使う際の注意点として疾病があるとつけられないことです。コンタクトレンズは眼球に直接装着することによって、高い補正率があることがメリットになります。しかしコンタクトレンズを使う上で、事前に確認してほしいのがドライアイの兆候です。ドライアイは、普段涙でおおわれている眼球が乾燥した状態です。

ドライアイになる理由としては生まれつき水分量が少ない人もいますが、基本的には瞬きの数が減ることによって乾燥するのが原因です。乾燥した目にコンタクトレンズをつけてしまうと、装着した時の衝撃で傷つけてしまうリスクがあります。防御力が低下した目は空気中の雑菌の影響を受けることで、カビなどが繁殖し重大な目の病気を発症する可能性が高くなります。

ドライアイであっても眼鏡なら大丈夫

ドライアイになっているかどうかは、眼科もしくはコンタクトレンズ販売店で調べることができます。判定方法としては目の下瞼の中に、水分を吸収する紙を引っ付けたうえで確認するだけです。紙にしみ込んだ水分が規定量よりも少なければ、現状においてドライアイを発症していることがわかります。 ドライアイと診断された場合には、リスクを考えてコンタクトレンズを利用することは考え直すことが最善です。その場合別の方法として、見た目が変わってしまいますがやはり眼鏡を装着することが最良の手です。眼鏡であれば視力調節したレンズをはめ込んだフレームを耳に引っ掛けて装着するだけなので、ドライアイを含めた眼病を発症していても問題なく視力矯正ができます。