長く使用できる

平均使用年数は3年から5年

メガネのメリットは、一度購入すると長く使い続けられることがあげられます。メガネの度数が合わなくなった時やレンズに不具合が生じた時に買い替える人が多く、平均使用年数は3年から5年です。問題がなければ5年以上使い続ける人もたくさんいます。コンタクトレンズはハードなら2年から3年使えますが、ソフトは1年ごとの買い替えが推奨されています。また、メガネは安いものだと1万円ほどで作れますが、コンタクトレンズはハードなら1万円から2万円、ソフトなら3万円ほどが相場です。価格を平均使用年数で割って1年あたりの費用を計算すると、メガネは1年あたり2500円ほど、コンタクトレンズは6000円から3万円ほどとなるため、メガネのほうがコスパに優れています。

目に負担が少ないのもメリット

メガネは、目に負担が少ないのもメリットにあげられます。コンタクトレンズは長時間装着していると目がゴロゴロしたり、乾燥したりして不快に感じることもありますが、メガネをかけている時に目がゴロゴロすることも乾燥することもありません。コンタクトレンズは角膜を傷つけたり目の病気になったりするリスクもありますが、メガネにはそのような心配はありません。安心して長時間かけることができます。お手入れも簡単で、使い終わったらケースに入れて保管するだけでOKです。コンタクトレンズのように洗浄液で洗ったり、蒸留水の中に浸しておく必要もありません。子供からお年寄りまで、年齢を問わず手軽に使用できるのがメガネのメリットといえるでしょう。